ネットなら店舗数は関係ない?

ネットでの申し込みであれば、実際の店舗数はさほど関係ないといえます。しかし、店舗数の多さはその消費者金融の規模の大きさを表すものでもあります。もちろん、消費者金融は法律を順守して営業されているため、安心して利用できるのですが、中にはいまだに悪徳な法外な営業をしているところもあります。しかし、全国的に多くの店舗やそれに類する機器を配備しているような大きな消費者金融は、まず法外な請求を行わないと考えてよいでしょう。ですから、なるべく大手の消費者金融のほうが選びやすいといえるかもしれません。

申し込み方法はたくさんありますが、一番大切なのは返済計画です。返済計画がうまくいっていないにも関わらず、新たなキャッシングを行うのは控えましょう。また、返済をしていく上での手数料についても考えておくべきです。一度に100円から200円とはいえ、何度も回数を重ねると決して無視できない金額になります。こうした種々の内容を踏まえた上で消費者金融を選んでみるとよいでしょう。多重債務や未払いによるブラックリスト入りなどのリスクを避けるためにも、最初にしっかりとした計画を立てておくことは不可欠です。さらに、消費者金融のサービス内容のみならず、本当に信頼できる企業かどうかも視野に入れておきましょう。

自動契約機は便利

店舗としての機能も果たす無人契約機の利点について理解しておきましょう。無人契約機は、その名の通り、担当者など実際に従業員がいなくても申し込みの審査や受付を行える機器のことです。無人契約機で手続きをすれば、非常にスピーディーに申し込み手続きが可能となるため、早ければ即日融資される確率も高まります。無人契約機の近くには、ほとんどの場合、専用のATMが設置されていますので、申し込み手続き後の借り入れも迅速に行えるでしょう。

どうしても消費者金融の無人契約機のブースに入るのは気が引けるという方のために、特定の銀行で消費者金融のキャッシングを行えるサービスを展開しているところもあります。銀行のATMであれば誰かに見られたとしてもキャッシングをしているとは思われないでしょう。返済する計画がいくらしっかりしていても家族に知られたら余計な心配をさせてしまうかもしれませんし、職場の同僚に見られたらいろいろと詮索されてしまうこともあるかもしれません。そのような心配も銀行であればかけずに済みますので、心配な方は探してみることをお勧めします。もし、店舗などが近くにないという場合には、インターネットによる申し込みも広く行われています。

キャッシング業者は店舗数で選ぶ?

キャッシングの際に悩みどころとなるのは、どこの金融機関を利用して借り入れを行うかという点です。借り入れしやすく、返済もしやすい金融機関を選ぶとするとやはり店舗数の多い金融機関がおすすめです。ですから、全国各地で展開している金融機関が候補として挙がるでしょう。その場合、最も利用しやすいのは、全国展開している大手の消費者金融といえるかもしれません。

消費者金融の店舗数は、大手3社で3000店ほどを数えます。加えて、提携ATMも加えると、全国で20万台以上となりますので、まさに全国どこにいても気軽に利用できるといって過言ではないでしょう。消費者金融は銀行のカードローンと比べると金利は高めですが、銀行のカードローン利用の場合には審査が厳しいことや、地元の人しか利用しにくいといった点が懸念されます。一方で消費者金融は、銀行に比べて金利が高いことは事実ですが、利用しやすいサービスや対応の迅速さなど、銀行にはない良さも兼ね揃えています。もしも早急に現金が必要な場合には消費者金融のほうが銀行よりも利用しやすく、少しでも低金利で定期的に返済していきたいなら銀行のカードローンが良いでしょう。

また、全国的な店舗数の数よりも自宅に近いところに店舗やATMがあるかというところで考えても良いかもしれません。いずれにしても、利用できる店舗やATMは多い方が何かと便利なのは間違いありませんので、利用の際には検討材料とすることをお勧めします。ちなみに、消費者金融は自動契約機として申し込みの手続きも行うことができる機器も各地に設置しているケースが多いです。最寄りに店舗がなければ自動契約がないか調べてみましょう。